【海外FX初心者さん必見】XM(XMTrading)の安全性について

海外FXの安全性を見極めるポイント

海外FXの安全性を見極めるポイントのセクション画像

世の中にはに多種多様な海外FXに関連する会社が存在しています。

日本のFX会社も数多く存在しますが、日本だけでのFXでは物足りないと感じている方も多いのではないでしょうか。中には海外というだけで敷居が高いと思い込みを持っている方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、海外のFXに目を向けてみると多様なメリットがあることも事実です。
日本では考えられないほどの非常に高い設定にされているレバレッジや、追証なしなどについてです。海外のFXを使用することによる特典もあり、日本にはないメリットもあることから、海外FXをきちんと理解した上で、使うかどうかの可否を考えてみては如何でしょうか。

当たり前かもしれませんが、海外FXの会社については、日本の省庁である金融庁では管理されておりません。それだけに、何かしらの不具合が発生したとしても国が守ってくれませんので、個人での処理を行わざるを得ない状況となります。

このようなリスクはありますが、リターンも非常に大きいことから、きちんとリスクを理解して回避することをとらまえたうえでFX業者を選定することにより、より安全に海外FXを利用することができるでしょう。そうすることにより、ローリスクハイリターンが得られるようになるのです。

情報収集をして業者を選べれば、トラブルが起きる可能性も低く、安心して利用できるでしょう。

金融ライセンスを確認する

海外のFX業者の安全性を検証する上で重要となってくるのが、その海外FX会社が金融ライセンスを保持しているかという点で検証することが可能となります。

先程も申し上げましたが、海外のFX会社は日本の省庁である金融庁が設定している規制をあえて回避すること目的として、日本の金融ライセンスを取得していないのです。

物事の視点が狭ければ日本の金融ライセンスを持っていない=危険と判断してしまうかもしれません。ですが逆に、発想を広く持つようにしてください。日本の金融ライセンスは持っていないかもいれませんが、海外の金融ライセンスという概念ではどうでしょう。

外国の金融ライセンスとして、有名なところでは、「英国金融行為監督機構(FCA):機構の目的としては、銀行や保険会社、投資会社などを審査を実施する機関」となっています。

それらと同等以上の基準で審査を実施していますので、所持している海外FX会社はとても厳しい規制に基づいて運営されていると言えるでしょう。
金融ライセンスを維持するための条件も非常に厳しく高いことから、お客さんの管理や経営状況等も随時に審査されることとなります。

他にも以下のようなものがあります。

MiFID(欧州金融商品市場令)
欧州で金融的な活動を行うにあたり、遵守する必要がある中身について定義付けされており、認可登録に基づいて欧州屋内の厳しいな基準を遵守していることを証明することになります。

キプロスCySecライセンス
信託保全について義務として定めており、FXの会社が倒産することがあったとしても、資金が完全に保証されています。それらの安全を保証してくれるライセンスとなっています。

これらの金融ライセンスを取得している海外のFX会社では、日本の省庁である金融庁が発行している金融ライセンスと同等以上の安心度を誇っていると言えるでしょう。

追証の有無

また、追証の有無についても安全性を考慮するための指標になります。
いわゆる、ゼロカットシステムと呼ばれているものでして、このシステムが構築されていると追証の有無は有となります。

過年度の事例を見ていると、ある日突然、価格が大暴落を起こし、国内でのFX会社を利用しているたくさんのトレーダー達が、追証を求められることとなったのです。しかし、追証システムを有している海外のFX会社では、ゼロカットシステムが非常に有効に作用したため、追証とならなかったという事実があります。

XMなどの大手である海外のFX業者では、お客さんが損をした分についてFX会社が負担してくれて、トレーダーサイドでマイナスとなった不利益分をすべてゼロに戻してくれたという事実があります。

これだけを聞くと、日本国内のFX会社がよりも海外のFX会社の方が非常に優れていると考えてしまいますが、追証なしと会社が約束をしているにも関わらず、スイスフランショックが発生したあとに、手のひらを返すが如く、追証をトレーダー達に請求したという悪徳な海外のFX会社もあったことは事実としてあります。

このように考察すると、過年度ににどんな誠実な対応をFX会社が行ったというのかも、非常に海外のFX会社を見極めるのに必要である、安全度及び信頼度を考慮する上で重要なファクターとなります。

その事を踏まえて、事前のFX会社への調査が非常に重要になると言えるでしょう。

内FX業者は実はヤバイ?海外FXを選ぶ理由

内FX業者は実はヤバイ?海外FXを選ぶ理由のセクション画像

国内のFX会社には、「信託保全」というシステムが構築されています。
これは、日本国内のすべてのFX会社が加入していると考えていただいて結構です。

信託保全とはどういったものなのかというと、会社が倒産などを起こしたときに、その会社に個人などのトレーダーが預けていたお金が返ってくるシステムとなっています。

まさに、銀行や保険会社の機構と全く同じものであると認識してください。銀行のペイオフなどを想像して頂けると分かりやすいかもしれません。

このシステムの肝となっているのは、FX会社が倒産などを起こしたとしても、機構の受託者となっている銀行が存在していますので、我々のお金を返してくれるというものです。

破産したらお金を返してもらえるというシステムは、日本では先程も述べさせていただいたように、銀行のペイオフや保険会社も一緒ですので浸透していると言えるでしょう。しかしながら、海外ではこの信託保全というシステムが義務化されていないことから浸透していないのです。

倒産などのリスクを考慮すると、自分の利益により産み出されたお金が戻って来るという安全な状況で取引ができる、という点においては100%信託保全が義務化されておる日本国内のFX会社の方が安全であると言えるかも知れません。

また、日本の省庁である金融庁が、法律を細かく制定していることにより、日本のFX会社へと非常に密接に介入しています。

会社を設立する際の許可条件として、会社の資金面や・経営の状態が問題ないと判断された会社であることが前提条件となっており、その条件を満たしているところだけがFXのなりわいをすることに対して許可されているのです。

そこも、日本の国内に存在するFX会社の安心度を後押しする重要なファクターとなっています。

XM(XMTrading)は本当に安全か

XM(XMTrading)は本当に安全かのセクション画像
XMが安全であることの証明はいくつかの事実を知ってもらうことで理解して頂けます。

XMはセーシェル金融庁(FSA)のライセンスを取得

まず、XMの会社そのものが無登録業者であると目にすることがあるかもしれませんが、それがそもそもの間違いであるのです。

XMは、セーシェルという国の金融ライセンスを取得しているのです。
セーシェル国が発行しているライセンスですので、日本の省庁である金融庁の金融ライセンスと同等以上のライセンスであると言っても過言ではありません。

セーシェルという国のライセンスは世界的に見ても非常に安全性が高いと評価されていますので、このライセンスの信頼度についても保証されています。証拠については、XMのホームページに嘘偽りなくアップされていますのでご確認いただければと思います。

XM追証は追証なし

日本国内のFX会社と海外のFX会社であるXMの違いを検討してみると、為替相場の暴落が発生した際に、トレーダー達に対して負債としてのしかかるのかどうかということです。

FXの根本的なルールとして、多大な負債を発生した場合には、元本以上の損失を抑制する観点より完全オートにて決済されるシステムとなっており、このシステムはロスカットと称されています。

しかし、想定していないような事象が発生したときに、為替相場が劇的に変動することがあります。そういった事態になってしまうと、この安全装置としての働きを持っているロスカットが発動しないことがあります。

発動しないとどうなるかと言うと、個人の支払い能力を突破してしまうような損失が発生してしまうのです。

この個人の支払い能力を突破してしまうような損失を「追加で納めなければいけない証拠金」、通称として追証と称されています。

この事象は我々トレーダー側に落ち度があるわけではなく、為替相場が劇的に変動することがあります。そういった事態になってしまうと、この安全装置としての働きを持っているロスカットが発動しないという、トレーダーが使用しているシステムサイドに落ち度があるにも関わらず、日本の国内にあるFX業者は、この時発生した負債ををトレーダー側で負担するように求めてくるのです。まさに、責任転嫁という言葉がしっくり来るのではないでしょうか。

しかし、XMではゼロカットというシステムが構築されています

このシステムの素晴らしいところは、我々トレーダーの資金が上記の理由で負債を抱えるに至ったとしても、その損失をゼロにしてくれるというものです。

ある意味、システムの不具合で発生している負債ですので、FX会社が負担することが当たり前かもしれませんが、その当たり前が国内のFX会社では通用しません。

そのことを考えると、むしろ日本国内のFX会社よりも安全と言えるのではないでしょうか。

XM(XMTrading)が日本人トレーダーに選ばれる理由

XM(XMTrading)が日本人トレーダーに選ばれる理由のセクション画像

海外のFX会社であるXMのメリットとしては、なんと言ってもレバレッジの高さです。

XMが日本の省庁である金融庁の金融ライセンスを取得しない一番の理由はここにあります。

日本のレバレッジは規制で上限が25倍までと規定されています。しかし、日本の金融ライセンスを持っていないということは、すなわちこの上限に縛られないということです。

海外のFX会社は軒並みレバレッジが高いのですが、その中でもXMは888倍という、群を抜いたレバレッジの高さを誇っています。

また、レバレッジが高いということは、それに比例するようにリスクも高くなってしまうと考えてしまう人が多いと思います。

しかし、発想としては全くの逆なのです。むしろレバレッジが高いほど自己で保有している資金に伴って大小する幅を的確に調整することができます。

仮にレバレッジが大きいと、当たり前ですが少ない予算にて大きな取引することができるのですが、1ロットあたりの証拠金を抑えることで、そのリスクについてはカットできるのです。

また、XMではゼロカットシステムを構築しています。

日本では、金融商品取引法第39条にて損失補てんに該当するため、禁止されています。しかし、海外ではゼロカットシステムが法律で禁止されていないため、XMでも採用できているという背景があります。

これを採用することにより、自己の資金を越えたところで損失が発生しないように抑制してくれるのです。

XM(XMTrading)は安全な優良海外FX業者

XM(XMTrading)は安全な優良海外FX業者のセクション画像
このように、ゼロカットシステムの採用や、レバレッジの高さ、海外での金融ライセンスの取得などから見ても、XMは非常に優秀な業者であるということが明白なのではないでしょうか。

日本のFX会社では、我々トレーダーに対してシステムの不備で発生した負債を負わせるようなところもあります。しかし、XMでは会社の方でこの負債を補職してくれますので、安心した取引ができると思います。

また、レバレッジがたかいことにより、自己資金が少ない状態であったとしても、非常に予算面で優遇されているトレーダー建ちと同じような運用を図ることも可能となっています。

前述しましたが、追証なしと会社が約束をしているにも関わらず、スイスフランショックが発生したあとに手のひらを返すが如く、追証をトレーダー達に請求したという悪徳な海外のFX会社もあったと記載させていただきました。

確かに、海外のFX会社がでこのような事実があったことは否定できませんが、それは間違ってもXMではないのです。

そういった会社を見極めるための目が非常に大切だと申し上げましたが、まさにその観点で物事を整理して安全だと判断したのがXMだと言えるでしょう。日本国内のFX会社よりも安全性に優れていると言っても過言ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です