XM(Trading)は追証なし!入金額以上の損はない

追証とは?追証があったらどうなる?

追証とは?追証があったらどうなる?のセクション画像

追証とは、いわゆる安全装置のようなものと理解頂ければと思います。
これがあることにより、FXを使用した取引が非常に安心してできることとなるのです。

そもそも、信用取引で行われているものの概念としては、担保を入れることによって現金や株式など有益な物質を借用することができるというものです。

従って、規定により定められている担保率を下回ってしまいますと、当たり前ですが、現金や株式を借用することができなくなってしまいますので、その信用を維持するために担保としているものを確実に維持する必要があります。

このように、信用という名の概念のもとに買建てることのできた、株の銘柄の値下がり、または売建てる株の銘柄の値上がりによって発生する建玉の含み損など、担保の値下がりに伴って担保価値の著しく低くなることにより、担保率が一定の水準、最低維持率を下回るという現象が発生したときは、規定より決められている期日までに追加で担保を預け入れる必要が発生します。

砕いた言い方をすると、最初に入れた担保を元にお金を借りているのですから、そのお金ははっきり言って他人のものです。

他人のフンドシで相撲を取っていて、それが原因となって損失が発生したとします。もちろん、自分のお金がなければ追加で融資を受ける必要があるのですが、最初に入れた担保では損失を補うだけのお金を貸してもらうことはできませんので、追加で何かしらの担保を入れる必要があるのです。

これが追加保証金と称されるものであり、通称では追証と呼ばれるものですその後の為替相場の動きにより、仮に担保率が向上したとしても、一度発生した追証は、それを返済しない限り二度と消えることはありません。

従いまして、追証があるということは、自己投資金以上の損失を発生させるリスクを生じさせているということです。

冒頭でご説明をさせていただいた通り、自己投資金をオーバーフローさせるような損失を発生させないための安全装置が適正に機能していない中での取引となりますので、非常に危険であると言えるでしょう。

国内FXにはないゼロカットシステム

国内FXにはないゼロカットシステムのセクション画像

追証がない状態をシステム的に構築させることを、ゼロカットシステムと呼ばれています。

ゼロカットシステムとは、自己で確保している投資金以上の損失を発生しないようにしている安全装置です。
XMもそうですし、多くの海外FX業者では、ゼロカットシステムを採用しているもころが非常に多いのです。

このシステムが適正に作動していることにより、仮に自己で確保している投資金をオーバーフローしてマイナス残高となる状況に陥ったとしても、その損失を0にリセット、つまりなかったこととしてくれるような、まさに夢のようなシステムであると言っても過言ではありません。

説明をさせて頂いたように、追証が無いことがあたりまえとなっている海外FXでは、日本国内に存在するFX業者のようにマイナスの残高を発生させてしまって、借金地獄となるような危険性がないことを証明しています。

リスクと言えば、自分で投資を行うために入金をしていたお金を失ってしまうことです。しかし、投資を行う以上、この事実は当たり前のことですのでリスクと表現するのもおこがましい感じがします。投資を行う方たちは、そのリスクは承知の上でFXで運用されていることです。

なお、ヨーロッパに存在しているキプロスでは、本日現在ですでに自己で確保している投資金を越えてしまうような損失が発生した場合、そのマイナス分を保証するためのゼロカットシステムが義務化されはじめています。

ですので、ヨーロッパを拠点としている海外FX業者と取引をする場合は、ゼロカットシステムが標準装備されているということですので、危険性がありリスクのある海外FX業者かどうかを疑う必要がなくなっていると言えるでしょう。

国内業者はノミ行為を行なっている?

では、なぜこのような夢のシステムが海外FX業者ばかりに適用されていて日本国内のFX業者には適用されていないのかと言うことを、ご説明させて頂きたいと思います。

日本国内のFX業者では、いわゆるノミ行為を行っているためです。

ノミ行為とはなんなのかということです。
日本国内のFX業者の多くがノミ行為を行っておりまして、それに基づいて利益を上げている状況となっています。

日本国内のFX業者は、資金を運用するためにトレーダーたちは、FX業者にインターネットバンキングなどの口座開設をして、資金を投入することになります。

その場を通じて、外貨などを売買をすることとなりますが、その売買に関する注文は、普通はFX業者から銀行などを通じることにより、インターバンクと呼ばれる場所でやりとりを実施することになります。

インターバンクの中では、相対取引と称されています。購入する人間と売買する人間がいて、需要と供給が一致することにより、外貨の売買が成立するという仕組みになっています。

本来の流れでいうと、そういった事象となることから、注文が成立するのですが、ノミ行為と呼ばれるものは簡単に言うと、それらの通常発生するべき流れを無視して行っていないことを指しています。

ノミの語源は、注文を呑むという言葉です。
例えば、トレーダーが購入に関する注文をFX業者に発注するとします。しかし、ノミ行為では注文を受けてから、インターバンクを通さないという手法を取ります。

ここで、流れがおかしくなってしまうのですが、インターネットバンクは通っていないということは、現実には存在しない請求が行われたという扱いになります。そうなると、トレーダーの注文した結果、プラスサイドの利益がでる側に傾けば、その利益についてFX業者が排出します。

逆に、トレーダーの注文がマイナスサイドの損失がでる側傾けば、その損失分がFX業者の損失となるのです。

このように、注文をインターバンクを通さずにFX業者が囲い込んでしまうことそのものを、ノミ行為と称しています。

このように、ノミ行為が横行しているからこそ、トレーダーが発生させた損失がゼロカットシステムによってなかったことにしてしまうと、トレーダーは全く腹を痛めないですが、その損失が無くなったわけではありません。

では、その損失がどこに向かうのかと言うと、FX業者が損失補填を行わなければならなくなります。トレーダーは、ゼロカットシステムによる恩恵を受けるため、全く損失を考えない投資を行いますので、損失が非常に大きくなることは、想像に固くありません。

なぜ海外FXはゼロカットシステムを採用しているのか

海外のFX業者の思想としては、売買を直接行う取引システムを採用しています。

これにより、仮にトレーダーが自己で確保している投資金を越えてしまうような損失を発生させたとして、それをFX業者が補填することになったとしても、その発生する損失補填をありあまるほどの利益が発生すれば問題ないわけです。

つまり、トレーダーが取引量を増大してくれるということは、増大することに比例して利益も右肩上がりに向上するため、ゼロカットシステムを採用できるというロジックになるのです。

皆さんも不思議に思われるかもしれませんが、どうして日本のブローカーも売買を直接行う取引システムを取らないのかという部分です。

それは、日本の法律に依るところに依存しています。非常に残念ですが、現在の日本の法律に照らし合わせると、日本の国内おいて、証拠金取引に伴うゼロカットシステムを構築することは、金融商品取引法第39条に定義付けされている、損失補てんに該当するため、ゼロカットシステムそのものを構築することができないこととなっています。

FXでの取引をしていると、非常に便利な制度であるゼロカットシステムが日本国内の法律によって構築できないのは残念で仕方がありません。

今後、日本国内のFX業界の発展に寄与するという観点でも、法律改訂がなされることを期待して待っていたいと思います。

XM(XMTrading)はもちろん追証なし・ゼロカットシステム対応!

XM(XMTrading)はもちろん追証なし・ゼロカットシステム対応!のセクション画像

XMでのゼロカットシステム発動時の事例を紹介させて頂きたいとおもいます。

有効証拠金を上回るような損失が発生した場合においてゼロカットシステムが発動されます。具体的な時間としては、損失発生より約6時間程度経過したのち、損失として発生したマイナス残高のリセットが実施されることとなります。

日本国内のFX業者でしたら、ここで発生した損失については、個人による負担によって追証という形状を取って支払い義務が発生することとなります。

また、証拠金維持率とは追証が発生したときに立場が悪化しないように確保するために必要な概念となってきます。
追証とは、正式名称としては追加証拠金の省略用語です。

証拠金を担保することにより、それを拠り所としてレバレッジを利用した取引を行うFXの世界では、この証拠金非常に重要となってきます。

この証拠金が、ある一定の維持率を下回ると、現在のレバレッジを確保する立ち位置を確保できないこととなります。その立ち位置を確保しようとするも、追加で証拠金を投入する必要性が生じてきます。

この立ち位置を確保するために支払う追加の証拠金のことを、追証と定義付けています。

取引をしていると、損失が発生することは十分に想定の範囲内の事象でしょう。その際に、大きな含みを伴う損失が発生してしまった場合など、追加証拠金を支払うことで、現在の立ち位置を継続的に確保することが可能となり、利益が発生してから改めて決済できるという将来の展望性が望めます。

しかしながら、追加証拠金を支払って立ち位置を維持したとしても、結果的に大きく含みを伴う損失が増加してしまい、ダブルパンチとしてより大きな損失を発生させてしまうことも想定されますので、現状を正確に理解したうえでこのシステムをご利用されることを推奨します。

XMの証拠金維持率は20パーセントを下回った場合と設定されています。
この、証拠金維持率を維持することが困難となり、取引を強制的にダウンさせてしまうことを、ロストカットと称しています。

また、XMでの規定として、証拠金維持率が50パーセントを下回った場合にはマージンコールが発生します。

マージンコールとは、取引に使用しているオンラインバンキングなどの金融口座の証拠金維持率が、非常に危険な状態にさらされているときに発動されるものです。

この通知が来たときには、熱い気持ちで取引をされている時だとしても、一度立ち止まって現状を正確に把握することを強くおすすめします。

さらにXM(XMTrading)最大レバレッジ888倍

さらにXM(XMTrading)最大レバレッジ888倍のセクション画像

日本国内のFX業者では、最大レバレッジが25倍までしか設定できない状況にあります。

この事実を踏まえると、MXで可能とされる最大レバレッジ888倍というのは、まさに破格の対応であると言えるでしょう。海外FX業者を比較しても、最大級の最大レバレッジであることが確認できます。

この最大レバレッジ888倍を発動したときの効果を分析すると、日本国内のFX業者の最大レバレッジ25倍のときの状態と比較すると、なんと約28分の1という低い値の必要証拠金で、それと同等の立ち位置が保てるようになるのです。

特に、予算面を考慮したときに潤沢な資金が用意できなくて、少額しかFXに運用できないトレーダーにとっては夢のようなレバレッジと言えるでしょう。

ハイレートに位置するレバレッジに設定することにより、日本国内のFX業者を利用するときと比べると、格段に資金効率をスパイラルアップさせることが可能となるでしょう。

また、思い込みなどで勘違いしやすいのですが、当初の決定で888倍のハイレバレッジにしたからといって、永遠に888倍のポジションを保つ必要はないという点です。

自分の必要証拠金に対して適切な立ち位置をコントロールすることができるのであれば、888倍にこだわるのではなく、1から888倍の間を推移させることが可能だということです。

これによりリスクコントロールが可能になるわけですから、ここぞというときは888倍に設定して取引を行い、リスクを伴う取引を行う際は低いレバレッジ率を設定して取引ができるということです。

このレバレッジコントロールが可能だということは非常に強力なメリットであると言えるでしょう。

XM(XMTrading)は初心者でも安心して取引できる

XM(XMTrading)は初心者でも安心して取引できるのセクション画像

XMには日本国内のFX業者にはない、非常に大きなメリットがあることを認識して頂けたと思います。
追証なしに依存するゼロカットシステムをはじめ、国内FX業者とは比較にならない最大レバレッジの設定率などです。

ここまでのメリットを示されてしまうと、取引をするのであれば海外FX業者一択だと感じてしまうかもしれませんが、最後に判断されるのはトレーダーの方たちです。

ご自身で、どこのFX業者を使用して取引をなされるのか判断される際は、この記事に記載した内容を少しでも参考にしていただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です