XM(XMTrading)は仮想通貨取引も可能

XM(XMTrading)は仮想通貨の取引が可能

XM(XMTrading)は仮想通貨の取引が可能のセクション画像

そもそも仮想通貨とは何なのか

仮想通貨は次の3つの特徴があります。

1、特定の国や中央銀行の保証がなく、それゆえ価格が乱高下しやすい

通常、通貨というものは、国は中央銀行もしくは一般銀行による価値の保証があります。

1万円札とは1万円ぶんの価値がある紙切れのことですが、これは日本国や日本の中央銀行が「これは1万円分の価値がある紙切れですよ」と保証してるからその価値が成り立っているわけです。
さらに、その保証も信用に足りうるくらいしっかりとした経済力が背景にあるからこそ成り立つ保証であるわけです。

実際、昔は国や中央銀行の信用度が今より低かったため、国や中央銀行による保証に加え「1万円札を持ってきたら1万円札分の金と交換しますよ」という保証も付け加えていました。

しかし仮想通貨の場合はそのような特定の信用のある団体による保証が一切なく、その通貨の価値は純粋に需要と供給のバランスによって決定します。

そしてその需要と供給、つまり買いたい人と売りたい人のバランスというのは頻繁に上下するので、当然のことながらそれに連動して仮想通貨の価格も乱高下しやすくなります。

通常の通貨があまり激しい値動きをせず、それに対して仮想通貨は激しい値動きをするのはこういう保証があるかないかの差が理由なのです。

2、暗号化されたデジタルデータ上にだけあるお金

通常通貨というものは、紙幣やコインといった形で発行されますが、仮想通貨の場合はデータ上だけ、つまり物理的には存在しないお金です。

数字上でしかやり取りをしない通貨とも言えるでしょう。

また、仮想通貨と似た言葉として暗号通貨というものがあります。
暗号通貨とはその名の通り暗号化された通貨という意味ですが、実は仮想通貨も本来は暗号通貨と言った方が正確な呼称なのです。

実際、仮想通貨という言い回しは日本だけで通用する言い回しで、世界的には暗号通貨という言い回しの方が一般的です。

3、クーポンや商品券・株券・債権と違い、中央管理されていない

仮想通貨は、暗号化されたデジタルデータであると聞くと「ならクーポンや商品券も仮想通貨になるのではないか?」と考える人がいるかもしれません。確かにクーポンや商品券・株券・債権といったものも今やデジタル化され、そして取引時には暗号化されています。

しかしこれらと仮想通貨は別物です。

デジタル化されたクーポンや商品券といったものは通常企業によって管理され、そして何か問題が生じた時はその発行した企業が責任を持って損失補償します。仮想通貨の場合は、そのような中央管理する媒体も持ちませんし、損失補填する媒体も当然存在しません。

仮想通貨の場合は分散型管理によって運営され、システム上の欠陥がない限り基本的には何が起きても全て自己責任になります。

とはいうものの、この分散型管理システムというのは、そのような万一の事態が起こるリスクを限りなく低く抑えることができるので、自己責任とは言いつつもなんらかのトラブルに巻き込まれるリスクは極めて低いと言えるでしょう。

なぜなら、この分散型管理システムは「限りなく広く浅くポートフォリオを組んでいる」のと同じ状態だからです。
ハッカーが資産を盗もうとしてシステムに侵入をしても損失を被るのはシステム全体のごくごく一部に限られ、システム全体からみるとほぼノーダメージで終わるからです。

一方、中央管理型システムの場合、ハッカーが中央管理をしているところ、つまり企業などをハッキングしてしまえばすべての資産を盗み取ることも可能です。

分散型管理システムでは、このように全ての資産が盗まれるというリスクはまずありえません。

実際、過去に発生した仮想通貨絡みのトラブルは仮想通貨そのものの問題というより仮想通貨の取引の仲介入ってる業者のトラブルばかりです。当然ながら、仲介業者によるトラブルは自己責任ではなくそのトラブルを起こした仲介会社の責任となります。

XMでは5種類の仮想通貨の取引ができる

さて、そのような仮想通貨ですが、XMでも取引することができます。

XMでの仮想通貨取引は一時中止されていたのですが、2018年10月に復活し現在以下の5種類の仮想通貨の取引をすることができます。

取扱仮想通貨の種類

  • ビットコイン(BTC/USD)
  • イーサリアム(ETH/USD)
  • リップル(XRP/USD)
  • ライトコイン(LTD/USD)
  • ビットコインキャッシュ(BCH/USD)

ただしXMでできるのは仮想通貨そのものの売買ではなく仮想通貨FX

XMで仮想通貨の取引をする際に注意して欲しいのは、XMでできる仮想通貨の取引は仮想通貨そのものの売買ではなく「仮想通貨のFX」であるという点です。

通常の通貨のFXで米ドルと日本円の売買をしても、実際には手元には米ドルも入ってきませんし日本円も入ってきません。

それと同様にXMの仮想通貨の売買でビットコインと米ドルの取引をしても、手元にはビットコインは手に入りませんし米ドルも手に入りません。

XMの仮想通貨取引は、仮想通貨の先物取引と言ってもいいでしょう。

XM(XMTrading)の仮想通貨取引は稼げるのか?

XM(XMTrading)の仮想通貨取引は稼げるのか?のセクション画像

XMの仮想通貨取引は、通常の通貨のFXと同じ感覚で取引できるので普段からFXをやっている人にとってはとっつきやすい感じがします。

しかし、XMの仮想通貨取引では以下のような不利な点があります。

スワップポイントが売りも買いもマイナス

通常の通貨のFXでは日付が変わる際にスワップポイントが発生しますが、仮想通貨取引FXでも同じようにスワップポイントが発生します。

問題はロングをしようとショートをしようと、どちらもマイナススワップポイントになるという点です。

つまり「保有しているだけで毎日手数料を取られている状態」になるのです。

しかもXMのマイナススワップポイントは他の取引所に比べてもやや高めです。

スプレッドがかなり広め

通常の通貨のFXでは、1万通貨を取引した場合スプレッドはせいぜい数百円レベルですが、XMの仮想通貨取引の場合は通常のFXの1万通貨単位に相当する1ビットコインあたり6000円前後とかなりの高額となっています。

これはビットコインの値動きがかなり激しく乱高下するということと、後述するようにXMではゼロカットシステム、つまり顧客の資産がマイナスになった場合には赤字部分をXMが全額負担するというシステムをとっているためです。

赤字補填分の保険料をスプレッドで支払っているというイメージと言えるでしょう。

最大レバレッジは5倍止まり

通常の為替のFXの場合は最大レバレッジが1000倍という海外FX業者も珍しくありません。
しかしXMの仮想通貨取引の場合は、最大レバレッジは5倍、しかもロット数が増えるごとに段階的に最大レバレッジが減っていって最終的には2倍にまで減ってしまいます。

FX業者を使う場合は、ハイレバレッジで一攫千金狙いの取引をする人が多いでしょうが、そのような一発狙いの取引がしにくいと言えます。

このように、通常のFX取引のような「少額で一攫千金狙いの取引」ができず、またマイナススワップの関係上中期保有も長期保有もしにくいので、XMの仮想通貨取引はやや稼ぎにくい取引と言えるでしょう。

XM(XMTrading)で仮想通貨取引を行うメリット

XM(XMTrading)で仮想通貨取引を行うメリットのセクション画像

XMの仮想通貨取引の不利な点を先に書いてしまいましたが、XMで仮想通貨取引をするメリットというのももちろんあります。

1、仮想通貨取引でも100%入金ボーナスがある

XMといえば100%入金ボーナスで有名ですが、仮想通貨取引ももちろんその対象となります。

そのため、単純に考えて資産が2倍になった状態から取引を開始することができ、取引で利益が出た場合も普通に取引をする場合の2倍の利益が得られるということになります。

つまり、儲けの期待値が2倍になった有利な状態で取引を開始できるというわけです。

2、急激な価格変動で資産がマイナスになっても追証なしのゼロカットシステム

ご存知の通り、ビットコインをはじめとして仮想通貨は非常に激しい値動きをします。そのため資産がゼロになるどころかマイナスになることすらあります。

国内の仮想通貨取引で、資産がマイナスになった場合は追証と言って取引業者が赤字になった分の取り立てにやってきますが、XMの場合はたとえ資産がマイナスになってもそのマイナスになった分はXMが負担をし、マイナス分をチャラにしてくれます。

このゼロカットシステムにより、資産がマイナスになるのを覚悟で一攫千金狙いの大勝負をしやすくなります。

3、MT5で取引ができる

これは儲けやすいかどうかとは直接関係はありませんが、MT5を使って取引ができるというメリットもあります。

普段からFX取引をしている人達はその多くがMT4かMT5を使って取引しているでしょうから、普段から使い慣れているインターフェースで取引を始められるというのは仮想通貨取引に対する精神的ハードルをかなり下げてくれます。

XM(XMTrading)の仮想通貨取引におけるルール

XM(XMTrading)の仮想通貨取引におけるルールのセクション画像

XMでの仮想通貨取引では以下のようなルールがあります。

1、土曜日曜は取引ができない

仮想通貨というのは365日24時間取引可能というのがその特徴の一つではあるのですが、仮想通貨FXの場合は、通常のFX同様土曜日曜の取引が休みとなります。

2、ビットコインの場合2000円前後から取引を始められる

XM仮想通貨取引FXでは以下のように最小取引単位が決まっています。

仮想通貨最小取引単位
ビットコイン0.01BTC
ビットコインキャッシュ0.1BCH
イーサリアム0.5ETH
ライトコイン1LTC
リップル300XRP

最小取引単位での取引の場合はレバレッジは5倍までかけられますから、仮想通貨で一番有名なビットコインはおよそ2000円ほどから取引ができるということになります。

3、仮想通貨そのものを入手することができない

前述のように、XMの仮想通貨取引はあくまでも仮想通貨FXであり、仮想通貨の現物の売買ではありません。

なので仮想通貨そのものを入手することはできません。

4、ロング・ショートともにスワップポイントはマイナスとなる

これも既出ですが、ロングポジションもショートポジションも日をまたぐ際にマイナススワップが発生します。

レバレッジは最大5倍で段階的に2倍まで減っていく

これもまた既出ですが、レバレッジはあくまでも「最大で」5倍であり、保有ポジション量が増えるに従ってレバレッジは2倍にまで減っていきます。

6、取引はMT5のみ

取引はMT5のみとなります。すでにFXを行っている人にはおなじみのプラットフォームなのでこれはあまり問題とはならないでしょう。

まとめ

まとめのセクション画像

XMの仮想通貨取引は、最も価格の高いビットコインでも2000円前後から始められ、また取引の仕方もFXそっくりなので、今までFX取引の経験のある人なら初めて仮想通貨取引を行う業者としては悪くないと言えます。

さらにFX同様100%入金ボーナスがあり、それに加えゼロカットシステムがありますから、資産がマイナスになっても追証の心配がありません。
儲けるという観点においても、選択肢としては上位に来る業者と言えます。

しかし、仮想通貨取引に慣れてくるとやはりXMのデメリットが気になることでしょう。

1番気になるのは、やはりスプレッドの広さです。
1番スプレッドが広いビットコインのスプレッドは60ポイント、しかも場合によってはこれよりもさらに広がります。

他の業者はビットコインのスプレッドが数ポイント程度のところばかりですから、いくら贔屓目に見てもXMで仮想通貨をする際はかなりの不利を強いられると言わざるを得ません。これだけスプレッドが広いとエントリー時から大きなハンデを背負った状態での取引開始となってしまいます。

もちろんビットコインは値動きが激しいので60ポイント程度のスプレッドはあっという間に埋まってしまいますが、逆に言えばスプレッド以上の損失もあっという間に広まってしまうというリスクもあるわけです。

スプレッドだけのことを考えるならば、スプレッドが広いXMを使う理由はなくなってしまいます。

これらのことを踏まえると、XMの仮想通貨取引は、今までFXは行ったことはあるけど仮想通貨の取引はやったことない初心者が「少額の資金でとりあえずお試しで仮想通貨取引をやってみる」のに向いている業者と言えます。

そして、仮想通貨取引になれたら今度はスプレッドが狭い他の業者に移るというのが妥当な選択と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です