【海外FX業者の評判】XM(XMTrading)を辛口レビュー

XM(XMTrading)の概要

XM(XMTrading)の概要のセクション画像

XMの運営会社はトレーディングポイント社で、登録商標名としてサービス名になっています。
XMはイギリスやキプロス、オーストラリア、セーシェル共和国からライセンスを交付され、規制されながら運営されています。

会社名はイギリスが「Τrading Point of Financial Instruments UK ltd」と表記し、キプロスが「Τrading Point Holdings Ltd」、オーストラリアが「Trading Point Of Financial Instruments PIY Ltd」、セーシェル共和国が「Τrading Point (Seychelles) Limited」とそれぞれ表記されています。

本社所在地はRichard & Verengaria Street, Araouzos Castle Court, 3rd Floor,3042 Limassol, Cyprusで、キプロス島にあることが分かります。会社は2009年に設立されて10年目で、従業員数は国際支社を含めて200名以上です。

事業所はキプロスの本社以外にオーストラリア、ハンガリー、ギリシャ、ニュージーランドの5カ国にあり、20言語以上に対応するため世界中の人々が使いやすくなるように配慮されています。
サービスは196カ国で提供して本社があるキプロス島は地中海の東側にあるヨーロッパ屈指のリゾート地としても人気です。

XMは海外の業者でもボーナスが多くてハイレバレッジの取引ができるなど人気が高く、世界各国の金融ライセンスを所有しているため安心して使えます。

また、日本人でも使いやすくなるように日本語サポートや公式サイトの日本語表記にも対応し、疑問点があればメールや電話でも問い合わせることが可能です。
対処するスタッフは日本人が17名在籍しているため聞きやすく、カスタマーサポートは24時間365日と気軽に質問できます。

他にも取引拒否がなくて全注文の99.35%が1秒以内に執行されるなど安心です。

以上のように10年の実績があることや日本語サポートも充実し、初心者からプロのトレーダーまで幅広く対応している業者ともいえます。

また、リクオートがなくて約定力が100%、非常に多くのボーナスがあり、海外FX業者の中でも日本人に人気があることが特徴です。

XM(XM Trading)の強み

XM(XM-Trading)の強みのセクション画像

XM(XM Trading)の強み①最大レバレッジは888倍!安心のロスカットシステムを採用

XMの魅力として挙げられる項目はレバレッジの最大が888倍で、なおかつロスカットシステムがあるため安心して取引をしやすいことです。

基本的にレバレッジとは高くなれば少ない証拠金で大きなポジションを持てることで、1万通貨のポジションを取るために必要な証拠金は25倍では4万円ですが888倍ではわずか1126円だけで済んでしまいます。

レバレッジはトレーダーが自分自身の裁量で設定でき、実効レバレッジの幅を広げることが可能です。
基本的に、レバレッジを高くすると一攫千金を狙いやすいですが、含み損も多くなるためギャンブル依存症になりがちな場合には不向きになります。

他にも、国内の業者で必ずある追証がないため、ゼロカットシステムで口座の残高がマイナスになってもその分をXMが肩代わりしてくれて便利です。
このため、トレーダーの損失はあくまでも口座に入れている金額のみになり、日本の業者にありがちなマイナスが出た分を請求される心配がなくて安心できます。

以上のように、XMを利用する時は追証なしのためマイナスにってもわざわざ支払う必要がなく、少ない証拠金でトレードを始めたいと考えている場合に役に立ちます。
ゼロカットシステムは社会情勢の大きな変化などで多大な損失が出て銀行口座が大きくマイナスになることを防げ、請求される心配がなくて安心して続けやすいです。

XMはレバレッジルールが設けられ、有効証拠金に応じて設定されるようになっています。
有効証拠金が200万円から1000万円であれば最大レバレッジは200倍ですが、1000万円以上になれば最大レバレッジも100倍に半減します。
レバレッジの制限はアカウント単位になり、XMでは8つの口座が作れるものの合計額が適用されます。

XMは最大レバレッジが高くて少ない証拠金でも取引をしやすく、損することがあっても口座の残高がマイナスになってもその損失分を支払う必要がなくて安心して取引ができます。

レバレッジは高いと初期費用を減らせて多くの取引をするチャンスになり、初心者からプロのトレーダーまで幅広く対応していることがメリットです。
海外FXは国内FXと違って追証なしでレバレッジが高く、必要な証拠金を減らせてなおかつ損失しても取り返すチャンスがあるため安心できます。

XM(XM Trading)の強み②他社を圧倒する豪華ボーナス

国外の業者は国内の業者と比べてボーナスが充実し、名前とメールアドレスがあればすぐに取引口座を作れることが魅力です。

XMには3つの代表的なボーナスがあります。

XMのボーナス
・口座開設ボーナス
・100%入金ボーナス
・20%入金ボーナス

口座開設ボーナス

新規口座開設は初回に限定されますが、身分証明書が不要で名前とメールアドレス、電話番号さえあれば2分で完了できて便利です。

口座を作るだけで3000円分のボーナスクレジットが付与されますが、あくまでも有効証拠金として使うためのものでそのまま現金と交換できるわけではありません。

100%入金ボーナス

5万円までと制限がありますが、100%入金ボーナスはそのまま有効証拠金が倍増し、効率良く証拠金を増やせます。

しかし、常時開催されていないためメールや公式サイトで最新の情報をチェックし、チャンスを生かして有効証拠金を増やせるように入金するタイミングを決めると効果的です。

20%入金ボーナス

20%入金ボーナスは常時開催されて1年あたり45万円受け取るまでは適用され、225万円までできます。
20%といえば100%の5分の1ですが、少しでも証拠金を増やすとスムーズにトレードができます。

ボーナスは有効証拠金を増やすためのもので、そのまま出金することができないためトレードをするための資金として使って利益を出してから出金すると効果的です。

XMは新規口座開設だけで3000円分のボーナスクレジットが入り、国内の業者にはこのように楽に有効証拠金を増やす方法がないため有意義に使えます。

ボーナスクレジットはそのまま最大レバレッジの888倍で勝負をするために使え、失敗してもゼロカットシステムがあるため何とかなります。

入金ボーナスは1年あたりの限度額を設定しているため、合計で230万円を超えない範囲内であれば必ず付与されることが魅力です。

ボーナスは以上の3つのタイプがありますがそれぞれ敷居が低く、国内の業者のように取引の量など厳しい条件が設定されていないため安心できます。

ボーナスクレジットは出金する際に一緒に消えてしまうこともあり、タイミングを決める際には慎重に行うことが大事です。

他社を圧倒するボーナスは有効証拠金を効率よく増やせ、なおかつ資金を十分に準備しなくても取引ができます。

ボーナスは国内の業者は基本的に廃止する傾向がありますが、XMではこの3つのタイプだけでも敷居が低くて使いやすいことがメリットです。

XM(XM Trading)の強み③安定感抜群の約定力!

基本的に中級者がトレードをするために気になることといえば約定力やスピードで、注文を受けた価格でそのまま決まらないとシナリオ自体が崩壊してしまいます。

FXは基本的に少しでも時間がズレると金額が変わりやすく、このような現象が起きてしまうとトレーダーのコストになって損をするものです。

海外の業者は国内の業者と比べると約定力が高いことが魅力で、リクオートがないため拒否される心配をせずに済みます。
その仕組みになる要因はXMがNDD方式を採用し、ディーラー不在で発注すればそのままインターバンク市場で注文が約定されるためです。

このため、ディーラーが不在で約定を拒否することやカバーするなどの判断を人為的にせず約定拒否がなくて安心できます。

逆に国内の業者はDDを採用し、都合の悪い発注はディーラーが拒否してしまうため約定拒否が出やすいです。

以上のように、XMは約定力が99%以上でスピードの平均は0.276秒で99.35%の取引を1秒以内で完了できます。
他にもVPSが無料で利用できるため、最新の情報をリアルタイムで知ることで最適なタイミングを決めやすいです。

国内の業者はどうしても約定力が低くて困りますが、XMでは仲介人としてディーラーが入らないことでスムーズに取引が完了できます。

約定力やスピードは基本的に初心者よりも中級者や上級者が最も気になる項目で、時間がズレてその分の差額を負担することを避けるようにしたいものです。

約定は正確さだけでなくスピードが早いと限られた時間の中で複数の取引をするために役立ち、ほとんどの取引を1秒以内に完了させるため安心できます。

このように、国内の業者との決定的な違いはディーラーが間に入るなど余計なシステムでなく、短時間で取引ができるようにすることです。

基本的に約定力が遅いなどのクレームはほとんどなく、VPSサーバーを使えば海外の業者と同じ場所にサーバーがあるため地理的なレイテンシーがなくてスピードが上がります。

約定力は多くの業者と取引をするために重要な項目になり、失敗をしないようにするためには国内の業者をなるべく避けると効果的です。

海外の業者を選ぶ時はきちんと使えるかどうか不安になりますが、XMは日本語サポートもあるため安心できます。
約定力やスピードはほんの少しズレていても価格が大幅に変わりやすく、信用できるか判断するために重要な項目です。

XMは以上のようなメリットもあり、安定感抜群の約定力で多くのトレーダーに信用されています。

XM(XM Trading)の強み④幅広く取引できる種類豊富な通貨ペア・CFD銘柄

XMといえば種類豊富な取り扱い銘柄でも有名で、先物と現物のCFDを扱っています。

現物はいわゆる現金のことで、先物は商品や株価指数、貴金属、エネルギー、仮想通貨などがあります。
通貨ペアはドルや円、ユーロなど世界各国で使われているもので、57種類ありマイナーなものからエキゾチックなものもあります。

一方の先物はコモディティ商品としてココアやコーヒー、小麦などで、エネルギー商品は原油や天然ガスなどです。
現物CFD商品は仮想通貨で、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップルがあります。

貴金属はゴールドとシルバーの2種類で、FX商品と同様に最大レバレッジの888倍をかけることが可能です。
株価指数は通常の株より少ない金額で投資でき、18種類ありそれそれ必要証拠金率が異なります。

以上のように、多くの銘柄があるため幅広いジャンルで取引ができ、経験を通して資産を増やすコツつかむと効果的です。

XM(XM Trading)の強み⑤入金手数料なしで口座反映も迅速

XMの入金の方法はクレジットカードや銀行、電子ウォレットなどがあり、それぞれ反映スピードが異なります。

反映スピードはクレジットカードやデビットカード、ビットウォレットは即時になり、銀行振込は営業時間内は60分以内ですが時間外は翌営業日になります。

手数料はクレジットカードやデビットカード、指定銀行と同じ銀行が無料になりますが、銀行振込でも1万円未満は980円かかることやビットウォレットやSTICPAYは入金手数料がかかります。

以上のように、クレジットカードやデビットカードを使うと即時反映で手数料が無料になりますが、その他の方法は多少不便な点があります。
入金をする時はクレジットカードを使うとスムーズにでき、XMを利用して取引をするためには必要不可欠です。

XM(XM Trading)の強み⑥手厚い日本語サポート

XMといえば日本語サポートが充実し、多くの日本人が利用する海外の業者です。

サポートの内容は基本的にサイトの表記の仕方や問い合わせの対応で、キプロスの本社には日本人スタッフが17名在籍しているため安心できます。
対応する時間は24時間365日といつでもできるため、疑問点があればメールや電話などで速やかに問い合わせるようにすると便利です。

公式サイトは日本語で表記されているため安心して使え、多くの言語に対応しているため世界各国からでも安心して利用できます。

サポートは丁寧に返信してくれることや時間がかからないため、些細なことでも気軽に聞いて安心して取引ができるようにすると効果的です。

品質は利用者の多くが満足する内容で、初心者からプロのトレーダーまで安心して使えます。

XM(XM Trading)の弱み

XM(XM-Trading)の弱みのセクション画像

XM(XM Trading)の弱み①他社に比べスプレッドが広め

XMの欠点といえばスプレッドが広く、手数料が多く発生することです。

スプレッドはゼロ口座にすると狭くなって使い勝手が良さそうですが、その分ボーナスがもらえないことやロイヤリティプログラムがないなど制限があります。

スプレッドは時間帯によって変わりやすく一部のCFDの場合は24時間対応ではなく、開始や終了の前後になると広がるために注意が必要です。

取引をする時は通貨ペアによってスプレッドが変わりますが、XMは他社よりも広く設定されているためその分手数料もかかります。

XM(XM Trading)の弱み②信託保全がない

XMは信託保全がなく会社が倒産すると預けた資金が戻ってこないこともあり、万が一のことが起きれば損をすることを認識する必要があります。

資金の管理方法は会社の資産と顧客の資産を分別して保管する仕組みで、XMの場合はイギリスのバークレイズ銀行に預けられています。
逆に日本の業者が資金管理の方法として採用する信託保全は顧客資産として保全され、業者が倒産をした場合にも返してもらえるので安心です。

しかし、XMは信託保全ではなく分別保管ですが、バークレイズ銀行はAIG保険で破産リスクをカバーしているため安心できます。

最近では倒産がいつ起きるか分からない状態であるため、信託保全がなければ預けた資金が戻ってこないことも考えて対策を講じる方法が望ましいです。

XMを利用する時は信託保全がないことは最大のデメリットですが、それを補って余りあるメリットもあります。

XM(XMTrading)の総評

XM(XMTrading)の総評のセクション画像

XMはボーナス制度が充実していることや最大レバレッジが888倍と高く、なおかつ約定力やスピードが高いなど多くのメリットがあります。

デメリットといえば信託保全がないことやスプレッドが広めであることに限られ、ロスカットシステムがあって追証なしなどのメリットもあると考えれば利用しやすい海外の業者ともいえます。

XMは日本語サポートも充実して日本人が取引をするために役立ち、取引銘柄も豊富でクレジットカードやデビットカードを使うと入金がすぐに反映されて手数料が無料になって便利です。

海外FXはレバレッジが高く口座開設ボーナスもあり、必要な有効証拠金を少なくすることもできます。

取引をする時は入金ボーナスやロイヤリティプログラムをうまく利用し、ハイレバレッジ勝負をしやすくてロスカットシステムがあって赤字になることがなくて安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です