【2019年】XM(XMTrading)のボーナス一覧とおすすめ活用術を紹介

国内FXにない海外FXならではの太っ腹ボーナス

国内FXにない海外FXならではの太っ腹ボーナスのセクション画像

FXは国内の業者と海外の業者がありますが、実際には大きく異なります。そのため、やりやすい方法を探すと安心して取引ができます。

海外FXのボーナスは、口座開設や入金などをする際にもらえ、そのままでは出金できないものの有効証拠金を増やせることが魅力です。

国内の業者は、ただ単に口座開設や入金をすることだけで受け取れないですが、海外の業者は口座開設や入金だけでも受け取れます。

国内FX業者はボーナス廃止の傾向にある

国内の業者は基本的にはキャッシュバック方式になり、一定以上の取引をして初めてもらえる仕組みです。
最近では一部の国内の業者はボーナスを廃止する傾向があり、外為どっとコムは2019年3月まで、Money Partnersは2019年4月末までとなっています。

国内の業者はボーナスの設定に消極的ですが、理由はトレーダーが過剰に投資することを避けるためです。
中にはライオンFXなど食品キャンペーンなどをするユニークな業者もありますが、お金そのものを配布することはやっていないものです。

国内の業者でボーナスを受け取りたい時は、バナーに「10万円キャッシュバック」などの魅力があるPRを見かけますが、実際には5000万通貨の取引が必要など非常に敷居が高いことが現状です。

また、国内の業者は「追証(借金)」というものがあり、スイスフランショックなど不測な事態が起きてしまうと一気に損をすることもあります。

海外FXの主なボーナス

一方で、海外の業者は多彩なボーナスを設定し、国内の業者と比べて敷居が低いことがメリットです。

まず、口座開設キャンペーンは自己資金ゼロでもボーナスクレジットがあり、それを使って利益を出すと出金が可能です。

さらに、定期的に入金をするだけで証拠金を増やせるキャンペーンもあり、タイミング良く有効証拠金を増やしながらトレードができます。

海外の業者はレバレッジが高くて大きな取引もでき、ゼロカットシステムを導入し証拠金以上の損害を受けないことがメリットです。
最近では海外FXでハイレバレッジの勝負をするトレーダーが増えていますが、口座開設だけでボーナスをもらえて未入金でも証拠金として利益を出せれば勝ちになります。

このようなサービスは、今後の動向によっては廃止されることもあり得るので必ずしも永遠に続くわけではないですが、国内の業者では味わえないメリットです。

国内の業者は追証のリスクもあるため、初心者でもいきなり海外の業者を選ぶこともありですが、何かあった時のために日本語サポートがあることを確かめてから決めるようにしましょう。

XM(Trading)は豪華ボーナスを提供!

XM(Trading)は豪華ボーナスを提供!のセクション画像

XMはXMトレーディングと呼ばれ、イギリス金融行動監視機構、キプロス証券取引委員会、オーストラリア証券投資委員会、セーシェル 金融庁の4ヶ国からライセンスを交付されて規制されています。

本社はキプロスにあり、2009年に会社が設立されました。従業員数は国際支社を含めて200名以上で、顧客資金は一流金融機関のパークレイズ銀行に分離かつ保護しています。

対応言語は日本語や英語、中国語など世界各国のものを扱い、日本語サイトやサポートは電話やメールで対応、日本人スタッフは17名です。このため、日本人でも安心して使える会社であり、10年の実績があるため海外の業者として安心して利用できます。

XMのボーナスは、口座を開設するだけで3000円分のポイントがもらえる口座開設ボーナスがあります。
そのまま出金することは不可能ですが、利益を出せれば可能です。

有効証拠金は事前に準備しないままでもボーナスがあれば増え、国内の業者とは違って初期費用を減らせます。

入金ボーナスは100%入金ボーナス追加入金ボーナスの2つのタイプがあり、それぞれ制限があります。

100%入金ボーナスは入金した金額がそのまま2倍になりお得ですが、実際には5万円までと制限があります。

追加入金ボーナスは5万円以上になれば移行し、入金した額の20%になり45万円までになるため注意が必要です。45万円は受け取れる金額になるため、225万円で最大値になります。

口座開設時のボーナスはすべての口座タイプに適用されますが、入金時のボーナスはマイクロとスタンダードに限られてゼロ口座は対象外です。

口座の選び方はマイクロ、スタンダード、ゼロと3つのタイプがあり、それぞれのメリットやデメリットを確かめてから決める必要があります。

XMのボーナスは現金がそのまま支給されるわけでなく、証拠金に加算して売買に使えるクレジットです。このため、初期投資は必要ないとはいえクレジットを使って利益を出さないと意味がなく、口座を作ってそのまま現金化できるわけではありません。

ボーナスは証拠金をうまく増やして余裕を持ってトレードするきっかけになり、初心者であれば仕組みを理解するために口座を作って対策を講じると良いものです。

海外の業者でも他社では一定の取引実績がないとボーナスを出金できないため、XMだけの特権ともいえます。

ボーナスは初期費用がなくても手軽にトレードができ、自分に合っているか確かめるきっかけにすると便利です。

XM(XMTrading)のボーナスその①口座開設ボーナス

XM(XMTrading)のボーナスその①口座開設ボーナスのセクション画像

XMの最大の魅力といえば口座開設ボーナスですが、初回に限定されています。

金額は3000円で最大のレバレッジは888倍と高く、証拠金を増やせるため十分利用できる範囲です。
国内の業者は最大レバレッジは25倍で今後は下がることが予想され、自己資金を多く準備しないと取引ができないこともあります。

口座開設ボーナスの受け取り方

XMにはスタンダード、マイクロ、ゼロと3つのタイプの口座があり、口座開設ボーナスはすべて適用されます。

受け取り方法はリアル口座を作ってアカウントを有効化し、マイページの上部に表示される「今すぐボーナスを請求」ボタンをクリックします。

申請は完了すれば自動的にMT4またはMT5のクレジットに反映されますが、有効期限があるため忘れないようにすることが大事です。有効期限は新規口座開設から30日以内と短く、そのまま放置するとチャンスを逃してしまうこともあります。

リアル口座の作り方は個人情報と取引口座詳細の登録だけで完了し、スムーズにできれば2分で済むため便利です。

登録する内容は名前と居住国、希望言語、電話番号、Eメールで、取引口座はプラットフォームタイプや口座タイプを選びます。この際に、Eメールで情報のやり取りをするため迷惑メールフォルダに入らないように設定し、最新の情報を確かめて安心して取引ができるようにすると効果的です。

メールアドレスは1人につき1つで、複数登録ができないため頻繁に使うものを登録する必要があります。

口座を開設したあとはその時点でも受け取れるため、忘れる前に手続きを済ませると良いでしょう。「今すぐボーナスを請求」ボタンはマイページの上部にあり、見落とさないようにチェックしてから押すだけで完了します。

口座開設ボーナスに関する注意点

注意事項は新規口座開設から30日を超えると請求できなくなり、3000円分を損してしまうことになります。

入金履歴はMT4またはMT5のクレジットに表示され、万が一なければ問い合わせる方法が望ましいです。

口座開設ボーナスは何もせずにもらえるようなものですが、あくまでもボーナスクレジットとして扱われます。ボーナスクレジットの部分はそのまま出金することは不可能で、取引をして利益を出せるようにコツをつかむことが大事です。

口座開設ボーナスをそのまま出金されることは業者側が損をするため、あくまでもボーナスクレジットとして扱っています。ボーナスクレジットは長期間取引なしで放置しても消えるため、口座開設後はすぐにトレードをすることが大事です。

XM(XMTrading)のボーナスその②入金ボーナス

XM(XMTrading)のボーナスその②入金ボーナスのセクション画像

入金ボーナスは、入金をすると金額に応じてボーナスクレジットが付与され、2段階に分かれていることやそれぞれ限度額が設定されています。

限度額は基本的に1年で5000ドルを上限とするため、日本円では50万円とお得です。
ボーナスの付与は証拠金を入金するたびに行われますが、限度額を超えてしまうと増えなくなります。

他にも、100%ボーナスが別に設定されることもあり、500ドルが上限になりますが1000ドルの証拠金として使えて便利です。
ただし、入金ボーナスはを受け取るためにはゼロ口座は対象外になり、口座タイプはスタンダードまたはマイクロを選ぶ必要があります。

入金時のボーナスは100%だと証拠金が2倍になりますが、定期的に開催されるものではなくメルマガで最新の情報をチェックしてチャンスを活かすと便利です。

なお、ボーナスクレジットは現金として使えないことを認識し、取引をして利益を出せるようにコツをつかむと効率良く証拠金を増やせます。

XMはただ単に証拠金を入金するだけでボーナスクレジットが付与されますが、証拠金が倍増する100%ボーナスは5万円まで、20%ボーナスは225万円までとそれぞれ制限があります。

入金ボーナスに関する注意点

100%ボーナスは定期的に行っていないことや金額が少なく、20%ボーナスでも225万円以上入金すればそれ以上はもらえません。

また、口座を選ぶ時はマイクロまたはスタンダードでないとボーナスはありません。スプレッドが狭いことを魅力として考えてゼロ口座にしないようにする必要があります。

XMの入金ボーナスは以上のようなポイントに注意するとお得に使え、レバレッジを高く設定してトレードをすると効果的です。
国内の業者は取引量などボーナスを受け取るため細かい規制がありますが、XMはこのようなハードルの高さを気にせずにできます。

ボーナスはあくまでも取引のために使うクレジットとして考え、少しでも増やせるようにコツをつかむと効果的です。

現金を受け取りたい時は利益を出さないといけないため、経験を通してコツをつかむまで苦労することもあります。

XMは口座開設ボーナスがあるため初心者でも初期費用なしで取引ができ、いきなりハイレバレッジの勝負を考えても良いものです。

また、国内の業者とは違って追証なしでゼロカットシステムがあり証拠金以上に損をせずに済み、ボーナスをうまく活用して取引を成功させるようにすると効果があります。

XM(XMTrading)のボーナスその③ロイヤルティプログラム

XM(XMTrading)のボーナスその③ロイヤルティプログラムのセクション画像

XMはポイントを導入して加算されると特典があり、うまく利用すると有意義に使えます。

1ロットあたりの取引に付く仕組みで、口座を作って入金した時点で有効になります。
ポイントの貯め方はFX取引をすればいいだけで、ランクを上げると増えやすくなって効果的です。

ロイヤルティプログラムのランク制度

ロイヤルティプログラムは4種類のランクがあり、Executiveから始まり、Gold、Diamond、Eliteと上がっていきます。

最高ランクは初期ランクと比べてもらえるポイントが2倍になりますが、そのまま放置するとランクダウンもありなおかつ失効するため注意が必要です。

ランクアップは取引期間に応じて決められ、Executiveで30日取引をすればGoldになります。

その後、30日取引をすればDiamondになり、子の状態で40日取引をすればEliteまでたどり着けます。

日数の計算方法は取引があった日になるため、しないと加算されないため何かしらすると最短で100日で最高ランクになる仕組みです。

ロイヤルティプログラムの注意点・条件

ロイヤルティプログラムは一定期間取引がないとランクダウンし、なおかつポイント自体が失効してしまうため注意が必要です。

ランク別の条件はGoldの場合は30日間、Diamondの場合は60日間、Eliteの場合は100日間取引がないとリセットされてしまい、何かしらの取引をして防がないと後悔する羽目になります。

ポイントを効率良く貯めたい場合は一刻でも早く最高ランクまで上げ、何かしらの取引をすると効果的です。

貯まったポイントは基本的にクレジットボーナスや現金と交換できますが、換金率は同じではなくまったく別物になります。
証拠金はポイント÷3ですが現金はポイント÷40になり、なおかつ現金交換はDiamond以上でないと不可能です。

現金は証拠金が40万円受け取れると仮定すると、わずか3万円になります。そのため現実的に考えると非効率という考え方になります。
現金はあくまでも急な出費が必要な場合に限定し、なるべく証拠金と交換するようにすれば効果的です。

ロイヤルティプログラムは取引を頻繁にするとすぐにランクアップし、貯まったポイントは有効証拠金に交換するようにすれば資産を増やせます。

出金はあくまでも急な出費が必要な場合にすることを考え、現金にすると損をする仕組みです。

ポイントはマイクロ口座はスタンダード口座よりも少なくなり、なおかつゼロ口座は一切もらえないことを認識する必要があります。

XM(XMTrading)のボーナス活用術!おすすめのボーナスはこれ!

XM(XMTrading)のボーナス活用術!おすすめのボーナスはこれ!のセクション画像
海外FXの中でもボーナス制度が充実しているXMは、有効証拠金を増やし、余裕を持ってトレードができることが魅力です。

まずは口座開設ボーナスがあり、わざわざ資金を準備しなくてもすぐに取引ができます。ボーナスはそのまま出金することは不可能ですが、レバレッジが最大888倍にもなるため必要な有効証拠金を減らせて便利です。

入金ボーナスは100%ボーナスを狙うと有効証拠金は単純計算で2倍になりますが、1年間で5万円が上限になります。20%ボーナスは期間限定ではなく45万円まで受け取れるため、1年辺り225万円まで入金すると効果的です。

海外の業者でもこのようなボーナスがある業者はXMだけであり、ロイヤルティプログラムを併用するとポイントを貯めて現金と交換できて効果的です。
ボーナスはあくまでも有効証拠金として使うものですが、あれば必要な金額を減らせます。

有効活用する方法は、毎日何かしらの取引をすれば最短で100日間で最高ランクに上がり、貯まりやすさが初期の2倍になることが魅力です。

ボーナス制度は、口座開設ボーナスは初回のみですがあるだけで資金を準備する必要がなく、試しにハイレバレッジの勝負をしてみると良いものです。

入金ボーナスは5万円まで100%ボーナスの対象になりますが、開催されている時期は案内を確かめてチャンスを逃さないようにする必要があります。

20%ボーナスはいつでもできますが、年間で225万円を超えて入金するともらえなくなるため注意が必要です。ボーナスは現金の代わりに使えますが、そのものは出金不可能であくまでも利益を出すことが求められます。

口座開設ボーナスはどのタイプの口座でも適用されますが、ゼロ口座は入金ボーナスやロイヤルティプログラムが使えないため注意が必要です。

ボーナスをうまく活用する方法はポイントはなるべく有効証拠金と交換し、資金をなるべく準備せずに利益を出せるようにすると効果があります。

ボーナス制度は業者の経営状況や社会情勢などで変わる可能性もあり、なるべく早めに最大限の有効証拠金やポイントを受け取れるようにすると効果的です。

ボーナスはあれば試しにトレードするきっかけになり、ゼロカットシステムや追証なしのため安心できます。ボーナスは有効証拠金を増やすチャンスになり、限度額を超えないようにうまく調整するように資金計画を立てると良いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です